からだの関係と占いについて

こんにちは。アロマ&占い 心彩Salon(ここいろさろん)の店主の角田です。

今日は、面白い本を見つけたので、ご紹介します。

もともと薬剤師をされていた方で、カウンセリングをしている中で、人には思い癖があると気づいたとの事。

その思い癖はどこからくるのか研究されて。。

1つは、親の育て方。

2つは生年月日。

そしてその生年月日を読み解くにあたり、空海が持ち帰ったと言われる、「宿曜経」に目をつけたそう。

宿曜経は、月のリズムに則った占いで、私達の心を写し出してくれる占い。

宿曜経と体の研究をされた結果、「からだ占い」が出来上がったのだとか。

それぞれの宿を体の部位に置き換えております。

私が一番興味を持ったのは、本部中の34ページにある、「からだ」を作っている37兆個細胞にフォーカスしてみましょうというところ。

ひとつひとつの細胞には意識があると書いてあり、まさに私が恩師に教えて頂いている事が書いてありました。

この本では、みんなが手軽に気づきを得る方法として、紹介されています。

でも実際には、中の細胞の意識というのは、眠っている方もおられるし、亡くなって体がなくても、まだ現実生きている感覚になっていて、必死に戦っていたりします。

一筋なわではいかなくて、なかなか厄介名のです。だから恩師にお願いして、中の意識と対話し、理解してもらって浄化してもらうのです。

私も、少なからず恩師がやっている事が出来るようになってまいりました。

私はリラクゼーションという形で、お手伝いをさせて頂きますね(^-^)